ポポハウス うさぎの杜

福島県郡山市にある子ウサギ(ネザーランドドワーフ、ホーランドロップ)/ 柴犬の販売ブリーダーです。

トップ > うさぎ・柴犬 豆知識

うさぎ・柴犬 豆知識

うさぎについて
  • ウサギの睡眠時間について

    ウサギは基本的に夜行性で、お昼の時間はほとんど眠っています。警戒心の強いウサギは眠っていても物音にはとても敏感。少しの音で飛び起きてしまい、眠れなくなってしまうのでお昼の間はなるべく音を立てないように気を付けましょう。
    逆に夕方~早朝にかけてウサギはとても活発に動き回ります。エサをあげたり、遊んであげる時間帯は夕方~早朝にかけてがベストです。

  • うさぎの寿命は?

    ウサギの寿命には個体差がありますが、一般的に5~8年くらいといわれています。ウサギは、犬や猫のように、病気の予防で動物病院を訪れるケースが少ないこともあり、実際の寿命がなかなかわかりにくいのですが、平均して6~7年くらいまで生きるウサギが多いようです。 しかし、中には10年以上も生きるウサギもいて、ギネスに認定された最長寿のウサギは何と18歳! 最近は、飼育環境などが向上したことで、10歳前後のご長寿ウサギが珍しくなくなっており、飼い主の意識次第で、長く健康でいてもらうことはできそうです。

 

柴犬について
  • 柴犬は外飼いが向いている?

    柴犬は飼い主と一緒にいる時間も好きですが、自分だけの自由な時間も大切にするという犬種です。
    あまりベタベタしない、ドライな付き合いもできる犬と言えますね。
    元々は狩猟に出ていた犬なので外にいることも平気ですし、寒さにも強く、番犬としても優秀。
    順応力が高いので、どんな環境にも直ぐに慣れてくれますから、室内飼いでも外飼いでも飼い主の都合に合わせて適応してくれます。

  • 柴犬の寿命について

    柴犬の平均寿命は、諸説ありますが、多くは15歳前後と言われています。一般的な犬な寿命が14.2歳なので(平成25年度一般社団法人ペットフードによる)、だいたい一般的な犬と同じくらい生きるようです。
    ちなみに、最長寿命のギネスにも載った柴犬とのミックス犬「ぷーすけ」のご長寿記録はなんと26歳。その子の持つ生命力、飼い主さんのかけてきた愛情がわかりますね。
    柴犬は日本の厳しい気候に慣れているので、基本的に体は丈夫な犬種です。遺伝的な疾患も少ないこと、最近では室内飼いが主流になっていることや、動物病院が身近になってきたことなどからも寿命は伸びる傾向にあると言われています。

 

お問い合わせについて

電話、またはメールにて気軽にお問い合わせ下さい♪
メールでのお問合せは必ずお名前・ご住所・お電話番号を明記の上、ご連絡をお願い致します。
*紹介者がいる場合は、「○○さんの紹介です」とお知らせ下さい。

ポポハウス

うさぎと柴犬販売
郡山市喜久田町行人作田7-110
営業時間 13:00~16:30 不定休
見学時間 13:00~16:30 予約制

POPO HOUSEは、

福島県郡山市の子ウサギと柴犬の専門ブリーダーです。 愛情いっぱいに育てたうさぎさんと柴犬を家族に迎えたいとお考えの方、お問い合わせ下さい。ネザーランドドワーフとホーランドロップ、柴犬専門販売ブリーダー

ページのトップへ戻る